So-net無料ブログ作成

本当に戦えるのか?~中華カーボンクリンチャーホイールインプレ編 [中華カーボンホイール]

どうも華綺です。

 このときの記事で紹介したとおり、50mmハイトの中華カーボンホイール(クリンチャー仕様)を購入して、早3ヶ月。

 1500kmほど走行し、ブルベ200kmもこれで走り、パンク修理もしたりして、一応乗りつくした感があるのでインプレをば。(↑の記事が一番閲覧数多いからじゃないよ)

ホイールの詳しい仕様なんかも↑のリンク先記事にあるので、気になる方は先にそちらを読むといいかも。

DSC_0467.jpg

いつもどおり続きは追記へ!

???「まずね、クリンチャーでカーボンディープWHっていう、その発想がだめなのよ」

(#^ω^)「でもクリンチャーじゃなきゃヤダしディープリムカッコイイじゃないですかーーーーー!!!」

先に言っちゃうと、こういう人が買うべきホイールだと思いまーす。

とりあえずメリットから。

 ※メカニコさん で購入できる、SLシリーズに関しての話になります。

・メリット [わーい(嬉しい顔)]

  • 軽い。
とりあえず軽いっす>< Dura-Aceのホイール(WH-9000 C24)あたりとほぼ同重量。
というか、35mmディープで一番軽いカーボン(MSLってやつ)選んで、軽いハブを選べば1300gすら切る。
  • 乗り心地が悪くない
基本的にディープリムは剛性が高くなるので、乗り心地が悪くなる… はずなんだけど、CX-Rayという神のスポーク採用なので意外と乗っていて楽。
  • 空力のよさ
スポーク数が20H/24Hってことで、メーカーが本気出して専用設計にしてるような(Bora的な)やつと比べると多少不利かもだけど、さすがにロープロファイルより断然伸びる。特に下りで高速域になると、同じスピードで足を止めた友人より明らかに前へ進む~って感じ。あと向かい風なら30km/h以下でも恩恵を受けられる。
  • 割と頑丈
想像よりだいぶ頑丈ですw  タイヤあげるときも余裕でタイヤレバー使いまくりです。というか、リムの外周がなぜかかなり大きく作られているのでタイヤレバーなしじゃ上がらない…
暗くて見えなかったとき、歩道から車道出ようとして大きな段差に突っ込んでしまっても、振れすら出なかったのには笑った
とりあえず頑丈。
  • 見た目 
ディープリム使ってるやつの99%以上が見た目のために買っている(当社調べ
とりあえず、広い面積があるので、自分でいろいろデコることも出来る。

 

じゃあデメリット[もうやだ~(悲しい顔)]

  • ほんとに空力いいの?
これは別に中華カーボンじゃなくとも、プロとかトップアマじゃない限り平地で空力の恩恵はほとんど受けれません……
無風だと35km/hあたりから効果のあるレベルで効きはじめる感じですかね。
下りはもう明らかにいいって断言しますがw
 
  • リム重量重くない?
さすがにチューブラーより重くなるクリンチャー、50mmにもなると重いっす><
Dura-Ace WH-9000 c24、これがリム重量385gくらいだと 言われてます。
それに対して、最軽量のもので430g。自分が買ったタイプだと460gくらいあります。この差はけっこー効く。
ただし、35mmハイトの最軽量型なら390gなのでほぼ同じくらいの軽さになります。
 
  • バルブが厳しい

70mmくらいの長さがないと空気を入れられないけど…  そんな製品ほとんど無い!

で、じゃあバルブエクステンダーつかう?って話になるけど、 空気漏れ起こしてイライラ。

バルブコア外して中継ぎを付けるにしても、そもそもバルブコア外れるチューブが少ない…



とりあえずメリットデメリットとして言えるのはこんなくらいでしょうか。

Q&Aタイム!

  • Q.剛性とかどうなの?
  • A. 人によって違うんじゃないかな^^;
とりあえずフロントは20Hでディープでってことでなんの問題もなし! リア側も、WH-6700から変えてから登りが遅くなったりとかはないから十分あるってことでいいんじゃないでしょうか。
  • Q.ブレーキ効く?
  • A. 晴れなら問題ないレベルで!
ウェットじゃない限りはもうアルミと同じ感じで使えてた。
ただ、1台のバイクでいろんなホイール履くんだと、シュー交換がめんどくさい。
ウェットは不明だけどどんなシューでもヤバいっぽい。 ゆうて握力あれば止まります。
 
  • Q.ハブがヤバそうなんだけど…
  • A.全然問題ない! むしろ良い
ハブがめちゃめちゃ軽いので不安ではあったんですが、ノートラブル。それにリアのラチェット数が多いのでかかりがいいですマジで。あと11速化可能になったっぽいです。
 
  • Q. ○○○さんのとこのS○○○r ZI○Pに勝てる? ○○よりいい?
  • A. 俺はコレでいいや^^;;;;
なんなんすかこのアブない質問は。
結局、手組みの中華カーボンホイールならどれも一緒だと思ってます。つまりメーカーが本気だして、リムやらハブやらを専用設計にしちゃったやつには勝てないけど(値段も勝てない)、それ以外の定価15万円くらいまでのディープだったら差はほぼ無いかと。 だってそういうのとリムは一緒だし、そういうのだってどっかの工場でオバちゃんたちがせっせか組んでるだけだしね。。。  S○○○r ZI○Pより空力に関しては明らかにいいですw だってあれ24/28Hだし… ゴニョゴニョ
 
  •  Q. 結局何買えばいいの
  • A. お好みっす!!!!
お好みといってしまえばそれまでなんですが笑 一応ホイールはかなり命を預かってる割合(?)が大きいので、信頼できるものにしたほうがいいんじゃないの?とは思います。
あと、カーボンリムでロープロファイルは・・・ ブレーキとか剛性考えるとやめた方がいいっぽい。
てことで、メカニコさん で買うのであれば、 SLシリーズのMSLリムで38mmか50mmを選択するべし!
それ以上になっちゃうとさすがにリムが重い。 ハブの選択はお好みで。
オプションで追加で振れとってもらうと、それだけで1000kmはほとんど振れがでないので割とオススメ

 

 

こんなとこっすかね ^^;

結局、 見た目とちょこっとの空力と見た目と見た目を得られるってことでしょうか。(?)

でもちょっとイカつくしたい! とか、 今はいてるホイールのグレードが低いから、ちょっとの性能UPと見た目が欲しい!

とかいう人には割とオススメかな~

 

  →2014 4月20日 まとめ記事書きました

 

以上でした!


nice!(2)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

nice! 2

コメント 7

mon

こんにちは。

私もカーボンクリンチャーには賛成派なんですけどね。
アルミよりちょっと軽いですし。タイヤをあれこれ試せてメリットありますもんね。

価格だけが欠点だと思ってましたが(チューブラーホイールより高い)、なるほど、中華にすればその問題はクリアされてしまうわけですな。

人柱インプレ、大変参考になります。
私も、カーボンクリンチャーを検討しようかしらん。
だってコスミックカーボン重いんだもん。

ロングライド後半の、「もう35km/hなんて出せませ~ん」みたいなヘロヘロの時に、信号ストップ&ゴーが多い街中だと、エアロリムなんて重りにしかならないんですよね。
35~40mm ぐらいのリムがちょうど良いんでないかと思ってます(ロングライドなどの用途には)。

スイスストップの黄色いシューだと、あれ、確かカーボンにもアルミにも使えたと思うので、ホイールをしょっちゅうとっかえひっかえする人なら、持っておけばいいんじゃないかと思います。

「自転車は見た目が一番」という点にも大いに賛成派。
by mon (2013-03-02 03:46) 

Kaki

>monさん

どうもです。

なんだかんだいって35mmくらいまでならアルミリムより軽くなりますもんね。エアロ効果は中途半端かもしれないですが、この「見た目」はアルミリムじゃだせません笑  コスカボだと見た目は超カッコいいしアルミリムだから使いやすいけどリム重量が…???ってなりますもんね。

SwissStopの黄色シュー、使ってみたいけどシューの癖にけっこういいお値段… シューの交換にも大して時間かからないし、しばらくは中華シューでw 雨でディープ履くことは基本ないですし。
by Kaki (2013-03-02 16:37) 

tt

こんにちわ

大変参考になります。
けっこう安いっすね!
SLシリーズがおすすめとおっしゃいましたが、他のJTシリーズ、Aシリーズに比べると違いはどうでしょうか?
即ちT-1000 /MR60カーボンと T700 フルカーボンの違いだと思いますが。。。

by tt (2013-05-10 00:15) 

Kaki

>ttさん

はじめまして。
いま少し円安の影響とかで、値段が上がってしまっているみたいですが、それでも有名メーカー製よりは圧倒的に安いです。

SLシリーズだと高弾性カーボンを使っているので、かなり薄く作ることができ、それにより軽くなっていると思われます。逆にT-700を使っているものの方が、カーボン自体の剛性が低いため、同じ剛性を出すためにカーボンを厚く積層する必要があると思われます。
つまり最もホイールの性能に直接的に関わるリム重量が変わってきます。(50mmだと片側でだいたい50~80g程度重い)

これだけリムで変わっちゃうと、漕ぎ出しの軽さとかに関してはだいぶ違うと思います。平地巡航では変わらないかと。

逆にデメリットとしては、T-700等に対して衝撃や想定されていない方向からの力に弱くなっていると思われます。

しかし経験上、自宅から外に出すときにホイールをぶつけたり、誤って大きな段差に突っ込んでしまったりしても自分のNSLは大丈夫だったので、それを考えるとSLシリーズでも十分な強度があるのではないか、ということでおすすめしてます。

もちろん好みではあると思いますね^^;
あとは値段をとにかく安く、というのであればe-bay等を覗いてみるといいかもしれません。
by Kaki (2013-05-10 01:37) 

アンチステマ

中華カーボンの最大のデメリットは
安全性かと思いますが。

そのあたりに触れないところが危ないですね。
広告打ってお金は入るけど、実際事故が起きても責任負わないんですからね。
by アンチステマ (2014-08-12 13:05) 

Kaki

>アンチステマさん

はじめましてー。
ご意見ありがとうございます。一応、安全性というか耐久性に関しては、続きの記事(最後の方の「  →2014 4月20日 まとめ記事書きました」のところ)に書いています。 中華カーボンだから危ない、というよりもきちんと信頼できる設計だったり製造だったりをしているかが重要だと思ってます。有名な某社超軽量リムが下りで変形したという事故も聞きますし。

この記事の先頭や続き記事でも書いている通り、自分としては十分使い込んでみて、「自分が購入したものに関しては」信頼に足る製品だと思ったからこうして紹介しています。

>広告打ってお金は入るけど、実際事故が起きても責任負わないんですからね。
広告ってこの記事がステマってことですか?
こんな適当なこと書いてる備忘録でお金がもらえたらうれしいですね(笑)
by Kaki (2014-08-12 15:51) 

Jada

こんにちは、私は毎週のようにあなたの新しいものを読んでいます。あなたの文章スタイルは気分がいいです。
良い仕事!
by Jada (2017-10-11 10:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。